SSブログ
前の10件 | -

今日は「満月・フラワームーン」 [日常]

20754.jpg本日13時14分に満月を迎えました。
皆既月食でしたが日本の月の出は18時55分だった為、見る事は叶いませんでした。残念。
曇りがちだったので、満月の姿すら見れなかったのですけどね。なので以前撮影した画像を(^^;
今夜の満月は『フラワームーン』。
この名称はアメリカの先住民が季節を把握する為に、各月に見られる満月に名前を付けたものです。
名称は動物や植物、季節のイベントなどが用いられています。
また、月食の赤銅色に因み「ブラッドムーン」とも呼ばれています。
日本で見られる皆既月食は11月8日とのこと。今から楽しみですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「アイスクリームの日」 [季節の行事]

20752.jpg今日は「アイスクリームの日」です。
東京アイスクリーム協会(現在の日本アイスクリーム協会)が1965年より実施。1964年5月9日、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの時期であるこの日に記念事業を開催し、合わせて諸施設へアイスクリームをプレゼントしました。以降毎年この日を「アイスクリームの日」として、各種のイべントと施設へのアイスクリームのプレゼントを実施しているそうです。
今年は全国5都市で「アイスクリームフェスタ」が開催されているようですよ。
日本初のアイスクリームは、1869年に町田房蔵さんが横浜の馬車道通りで「あいすくりん」という名称で製造・販売されたものです。
大変高価だったようですが、当時は家庭に冷凍庫なんてありませんから、とっても貴重だったでしょうね。今では家庭の冷凍庫を開ければ、いつでも美味しいアイスが食べられる。
何とも良い時代になったものです(*´ω`*)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全国で最も遅い桜の開花! [季節の行事]

20753.jpg本日午後、釧路気象台は「釧路市でサクラが開花した」と発表しました。釧路市のサクラの開花日は去年と同じで、平年より8日早くなりました。
気象庁は、全国58の観測地点で桜の開花を観測しており、今年の桜前線は1月11日の沖縄県那覇市から約4か月かけて北上し、全国最後の観測地点に到達しました。
釧路市の標準木はエゾヤマザクラ。ソメイヨシノの標準木は札幌市までのようですね。
沖縄ではヒカンザクラが標準木のようです。寒緋桜って言っちゃう(^^;
品種は違えども桜は桜。
釧路の方々は、桜の開花を心待ちにされていたでしょうね。
宇宙から日本列島を定点観測したら、桃色の波がゆっくり北上するのが見られるのでしょうか?ソメイヨシノの今年の開花は福岡の3月17日から。九州~北海道までを約1ヶ月半で縦断したんですね。駆け足だったかも?(笑)想像するのも楽しいですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「母の日」 [季節の行事]

20751.jpg今日は「母の日」です。
皆様は、贈ったり、贈られたりしましたか?
GW中で忙しいお母さんもいらっしゃったかも?
「母の日」は、日頃の母の苦労を労り感謝を表す日。
日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝いますが、その起源は世界中様々で、日付も異なるようです。
例えば、世界で一番早い「母の日」は、ノルウェーの2月の第2日曜日。逆に一番遅いのは、インドネシアの12月22日。イギリスでは、キリスト教暦のレント(四旬節)期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)だそうですし、スペインでは5月第1日曜日、フランスでは5月の最終日曜日と異なるそうです。
世界の全てのお母さんに感謝です(*´∀`)人
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「端午の節句」&「こどもの日」他 [季節の行事]

20750.jpg本日5月5日は五節句の一つ「端午の節句」です。
古来中国では女性を労わる「菖蒲の節句(女人の節句)」であったのが日本に伝わり、鎌倉時代頃に「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、また、菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから男の子の節句へと変化していったようです。
また端午の日には柏餅を食べる風習は日本独自のもの。柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として広まっていったそうです。
粽は中国から伝わりました。
この粽、謂れは約2300年前の中国戦国時代まで遡ります。
当時の中国では、韓・趙・魏・楚・燕・斉・秦の7国が戦国七雄と呼ばれ頭角を現していました。その中の「楚」の国王側近に、屈原(くつげん)という政治家がいました。
彼は失脚し国を追われ失意のうちに川で入水自殺を図ります。彼の死を悼んだ楚の国民達は、小舟で川に行き太鼓を打ってその音で魚を脅し、更に粽を投げて屈原の死体を魚が食べないようにしたと言われています。
この事から彼の命日5月5日に粽を食べるようになったものが、時を経て病気や災厄を除ける大切な宮中行事、端午の節句となったと言われています。三国志の時代に端午の節句は、魏の国により旧暦五月五日に定められ、やがて日本にも伝わったと言われています。

中国歴史ドラマを見ていると、世界史で習う中国史は分かり易いわぁ~。学生時代に見たかった(笑)フィクション部分も多いから丸っと信じちゃいけないけど、とっ掛りとしてはOK!

そして今日は「こどもの日」でもあります。
祝日「こどもの日」と制定されたのは、1948年のこと。『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』ことが趣旨なのだそうです。
今年は行動制限が無いGW。各地で子供の日のイベントが催されていますね。
GW後のコロナ感染者数上昇は怖いけど・・・
感染対策はしつつ、そろそろ日常に戻さないとね。

また5月5日は「薬の日」でもあるそうです。
全国医薬品小売商業組合連合会が1987年に制定しました。
611年のこの日、推古天皇が大和の兎田野(うだの)で薬草を採取する薬狩りを催し、これから毎年この日を「薬日(くすりび)」と定めたという故事に因むそうです。
この頃は遣隋使が派遣されていましたから薬草の知識も入ってきていたのでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「立夏」 [季節の行事]

20749.jpg本日は二十四節気の一つ「立夏」。
立夏から立秋の前日までが「夏」の期間となります。暦の上では、木々の色が鮮やかな緑に彩られ、爽やかな青空のもと夏の気配が感じられる頃になります。
暖かい日が続きますね、もうすっかり夏模様。
洗濯物を干すだけでも日差しでヒリヒリします。
紫外線が怖いな~(^^;
外出する時には日焼け止めを塗りますが、洗濯物干す時は塗らないのよね~。
その油断がイケないのか?既に手は日焼けしています(笑)
太陽恐るべし!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「八十八夜」 [季節の行事]

20748.jpg今日は「八十八夜」。
立春から数えて八十八日目を言います。
そして新茶の季節となりました~(*´∀`)b
この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと「長生きする」とも言われています。
まだ今年は新茶を購入していません。
早く新茶の爽やかな味わいを楽しみたいものです。
下戸でお酒飲めないので、私にとって新茶はワインのボージョレヌーボーの様な感覚です。色々な産地のものが飲めますしね、楽しみです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は「スズランの日」 [季節の行事]

20747.jpg5月1日は「スズランの日」です。
フランスでは5月1日を、春を象徴する花「ミュゲ(すずらん)の日」としています。この日に、日頃お世話になっている人などにスズランの花を贈る習慣があり、鈴蘭を贈られた人は一年中幸せでいられると信じられています。
元々5月1日は愛の日として、草花で作った花冠などを贈っていたそうですが、贈る日として定まったのは1561年のこと。シャルル9世の治世です。宮廷の女性達にプレゼントしたことがすずらんの日の始まりだそうです。
お~シャルル9世と言えば、あのカトリーヌ・ド・メディシスを母に持ち、世界史では『サン・バルテルミーの虐殺』で習ったわ。映画『王妃マルゴ』が思い出されます。
さて、宮廷貴族たちの間で楽しまれていたすずらんの日ですが、庶民の間に広まったのは19世紀になってからのようです。
可憐な花ですが、根には毒があるのでご注意を!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日から「ゴールデンウィーク」 [日常]

20744.jpg今日からGW突入です。
コロナ禍は続いておりますが、久しぶりに規制無しの連休となりました。
皆様は如何お過ごしの御予定ですか?
我が家はGW中は大人しくし、終わってから出掛けようかと。遠出はしませんが(^^;
皆様、事故、怪我無く良い休日を!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海の中道海浜公園の動物・2 [鑑賞]

海の中道海浜公園、最後のご紹介は動物編。
20734.jpg20735.jpg
プレーリードッグは、モコモコモグモグ癒されます。
巣は透明(蟻の観察の様な)になっているのでトンネルの様子が観察出来ます。
ウサギはね~顎が…、二重顎が他人とは思えない・・・。
20736.jpg20737.jpg
アカカンガルーは、いつも寝ている。パカッて鯵の開きになったり(笑)
たま~にピョンピョン跳ねているのを見ると、こっちが驚いてしまいます(笑)
20738.jpg20739.jpg
20740.jpg20741.jpg
20742.jpg20743.jpg
カンガルーとカピバラの展示は混在。人との境はこのロープ一本。
なので人と直ぐ触れ合えるのですが、皆さん誰も(子供さんも)触ろうとしない。
脇をトコトコ歩いて来ても、黙ってスルーしています。
そんな中、カピバラの親子かな?道を跨いで移動していたのですが、親が一頭出入り口の前で停止。カピバラさん出たいのかしら?
扉の左側は施錠され、カピバラさんの前の右扉だけが開閉出来たので、外へ出たい人間の親子連れが困っていました。
結局、カピバラさんに当たらない様に少しだけ開けて脇を擦り抜けて出ていました。
当のカピバラさんは後追いする訳でもなく、そのままお座り状態でした。
何を待っていたのでしょうかね?飼育員さん?ご飯?気になる~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -