So-net無料ブログ作成

SPACE BATTLESHIP ヤマト [映画]

2009年秋の製作発表を聞いて、あ~もうダメだこりゃ~ヽ(`Д´)ノ
と、半ば諦めていた実写版宇宙戦艦ヤマトです。
もちろん映画館へは足を運ばず、DVDを購入しました。
アニメ程高くないのですが、購入する事を随分悩みました~(;´Д`)
だって、木村拓哉さん嫌いで、黒木メイサさんも好きではないし、デスラーも出ない(出るには出ましたが)、期待するところがないのですもの!
ただ、真田さん役の柳場葉敏郎さんが好演だったと聞き、また西田敏行さんの徳川機関長は見てみたかったのです。なのでBlu-rayは買わずDVDのスタンダード版にしました。
4874.jpg2199年、突如侵攻してきた謎の敵・ガミラスによって、地球は存亡の危機に瀕していた。人類の大半は死滅し、生き残った人々は地下へ逃れ、絶望の中で暮らしていた。そこには、かつて地球のエース・パイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)の姿もあった。そんなある日、銀河系の彼方の惑星・イスカンダルから通信カプセルが地球に届く。そこには放射能を除去できる装置の存在が記されていた。それは人類にもたらされた最後の希望であった。地球防衛軍は宇宙戦艦【ヤマト】のイスカンダル派遣を決定。そして、戦場への復帰を決意した古代は、ヤマトへの乗艦を志願する。地球滅亡まであと1年。ヤマトの壮絶なる戦いの旅がはじまった。
え~っと・・・
視聴中の感想は、「木村拓哉ワンマンショーか、学芸会ですか~?」といったものでした。
この人何演じても、オレ様だよね。自分に酔ってる(´・ω・`)
ファンの方には大変申し訳ないのですが、私のように全く受け入れられない人間もいると言う事で、酷評はお許し下さいませ。

「ブラックタイガー隊の出来る強い女=森雪」の設定もちょっとどうかと・・・
別の登場人物なら、あれはあれで良いと思うのですが?往年のファンの反応は如何でしょうか?
ちょこっと注文を付けるなら(笑)藤堂長官は、橋爪功さんではなく、 伊武雅刀さんにやって欲しかったかなぁ~、サプライズ的な意味で。
伊武さんは、結晶体デスラーのモーションキャプチャーもなさったそうですが・・・
また、「放射能除去装置」「ガミラス、イスカンダルの名称」「地球滅亡までの日数」「何の説明もなく登場したヤマト」等、全く予備知識の無い人は、疑問に思わなかったのかしら?
結局海外での興行は成功したのでしょうか?あまり聞かないけど?

今見ると・・・
最初古代は、14sv(/h?)の放射線に晒されています。(ミリシーベルトではなく、シーベルト)
アナライザーが「致死量の2倍です!」って警告しています。
また、放射能除去装置がイスカンダルにある確証が無いのに、ヤマトを見きり発進した事に、「希望を持って死んだ方がいい」←うろ覚え~?のような趣旨の発言があったと思います。
今の原発事故や、事故後の対応(安全です、安全ですと希望を持たせる今の対応)みたいで、劇場公開が遅れていたら、上映出来なかったのでは?と、思ってしまいました(;ー'`ー)
ま~30年も前から、放射能汚染で人類滅亡・・・と謳っていたのに、放射能除去装置(コスモクリーナーD)の対応をせずにいたのは、なんだか皮肉です。

宇宙戦艦ヤマトの実写版ではないSF映画としてなら、それなりに楽しめたと思います。
でも、ワープの表現がモヤモヤした煙のようで、しょぼい~(つД`)
ま~アニメでもユラ~ッと入ったりしていましたけどね。
スタートレック見たいにバビューンとカッコ良いのが見たかったかも(笑)
28年ぶりに復活した、アニメの復活編でさえ、ちょっと疑問の残る設定と内容だったのです。
実写版は、やっぱり手を出すべきではなかったと、個人的には思います。
あ、でも評判通り、真田さん役の柳葉敏郎さんと斉藤役の池内博之さんのガミラス攻防戦は、アニメ版同様熱く良かったですよ~(*´∀`)Ъ<ちっちゃい斉藤だけど(笑)
西田敏行さんは、徳川機関長もいいけど、沖田艦長役をやってほしかったかも(笑)
最後に、佐渡先生(高島礼子さん)の腕の中で、ちょっと嫌がるみ~くんが可愛かったです(笑)

色々文句言って、ごめんなちゃい( ´∀`)σ)∀`)
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 10

tanaka

初めから嫌いと言いながらDVDを購入する気持ちがわかりません。
あげくの果てのダメダシ、何故買ったののですか?それをわざわざ
ブログにまで書きこむなんて?人そぜぞれ感性は違いますが...


by tanaka (2011-07-02 09:51) 

どりどり

tanaka 様
コメントありがとうございました。

>初めから嫌いと言いながらDVDを購入する気持ちがわかりません。
>あげくの果てのダメダシ、何故買ったののですか?
はい。「嫌い」と書いた方のみを扱ったDVDについてであれば、正にその通りだと思います。ですが、私は原作のファンであり、出演者にはファンの方もいらっしゃいました。ブログ内に「真田さん役の柳場葉敏郎さんが好演だったと聞き、また西田敏行さんの徳川機関長は見てみたかったのです。」と理由も書いております。

>それをわざわざブログにまで書きこむなんて?
>人そぜぞれ感性は違いますが...
ファンの方には御不快だったのでしょうが『人そぜぞれ感性は違いますが...』というお言葉を借りるなら、自分のブログ内のみで、感想、意見として書いているつもりです。
他者様のブログや、好評されている意見に対して、批判コメントを書いているつもりはございません。それでもご不快に思う方には、「お許し下さい」と申し上げるしかありません。
貴重なご意見ありがとうございました。
by どりどり (2011-07-02 11:11) 

inuneko

池内博之のキャスティングは拾い物でしたね〜!
あの発想はなかなかですよ。
体格だけで宇梶さんとかに行きそうなところじゃないですか。
by inuneko (2011-07-03 01:32) 

どりどり

inuneko 様
コメントありがとうございました。

本当に、池内さんの斉藤役は良かったですね~(*´∀`)Ъ
もうちょっと、モッサリしたマッチョな人を配役にしないと?と、疑問に思ったのですが、なかなか良い味だしていらっしゃいました。
宇梶さんの斉藤役、ちょっと見てみたいかも(笑)です。
by どりどり (2011-07-03 02:57) 

tanaka

コメント大変失礼しました。ブログは自由ですからね。私は大の木村ファンなのでついネットで検索して悪評だとなぜ?と思ってしまうので。なぜなら劇場公開の時、やはりヤマトのファンのバッシングがあまりにもひどかったのでつい嫌いなら見なければと思い、監督や出演者一同頑張って作成した作品を思うと残念に思うからです。私にはヤマトファンの気持ちわわかりません、当時見てませんので、ですので沢山の意見があるのだと思います・
by tanaka (2011-07-03 08:40) 

どりどり

tanaka 様
再度コメントありがとうございました。

こちらこそ、御不快にさせて申し訳ございませんでした。
色々な意見があるという事を、御納得頂きありがとうございました。
by どりどり (2011-07-03 10:56) 

spmn

確かに学芸会でした。劇場でも観ず、U-TUBEで初めて。「男たちの大和」と比べれば、よくわかります。愛する人と離れる悲しみ、戦争への憤り、国を守る若者の純粋さがまるで感じられない。良かったのはスティーブンタイラーのエンディングのみ。最強と言われながら、運用のまずさから活躍の機会を与えられず、それでも戦後の復興に役立ち、いまなおその名は希望である「大和」のネームバリューを利用した不届き千万とも思う。キャスティング、脚本、戦闘シーンをよく吟味して次回作を願います。南の海の底より。
by spmn (2011-07-03 19:04) 

どりどり

spmn 様
坊ノ岬沖から、コメントありがとうございました。

限られた尺の中で制限はあったのでしょうが、色々削られて「ヤマト」の存在意義が、私には分かりませんでした。
世界セールスの為に、太平洋戦争のイメージを出したくないのなら「ヤマト」の名を出さず、別の名前の船で滅亡する地球を救うストーリーにすればよかったのに・・・と、否定的な思いがループします(^^;
ま~原作が未だに人気のある作品ですから、監督はじめ出演者の皆様も批判はそれなりに覚悟の上だったと思います。
by どりどり (2011-07-04 00:07) 

内田 守

ご返事ありがとうございました。また、プログに勝手に入ってすみませんでした。私らの年代は遊びが嫌いで何にでも真剣に取り組みました。特に私などは6年前、脳出血で障害を負いましたが、障害のあるものでも立派に仕事はできると証明し、これから別の戦場でも証明しようとしています。呉の大和ミュージアムにもまだ行っていません。どりどりさんのプログは拝見するかも知れませんが、コメントを書くことはもうありません。お体大切に。
by 内田 守 (2011-07-04 07:04) 

どりどり

内田 守 様
再度コメントありがとうございました。

新天地での再挑戦、御活躍を陰ながらお祈り申し上げます。
呉の大和ミュージアムは、私もまだ訪れた事がありません。
海自の「てつのくじら館」も合わせて、いつか訪れてみたいと思います。
私の健康をお気遣い下さり、ありがとうございます。
内田様こそ時節柄、御自愛下さいませ。
by どりどり (2011-07-04 09:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0